高校中退でも夢をあきらめる必要はない

Filed under 高校中退 通信制高校

「自分は高校中退だから、専門学校に行くこともできない。本当はデザイナーになりたかったけど、もう勉強することもできないのか・・・」。
そんな風に思ってしまっている人はいませんか?
高校中退のせいで自分のやりたいことができないと思っているのなら、それは大きな誤解です。
たとえ学校を辞めてしまったとしても、まだあきらめる必要はないんですよ。


高校中退を助けるのは通信制高校という存在

いわゆる全日制の高校だけが学校ではありません。
世の中には通信制高校という、朝でも夜でも通えて、週何回か通えばいいという学校もあります。
高校中退の人も多く通っていて、就職に有利になる高卒の資格をとるため、もしくは専門分野のプロになるために日々勉強を重ねています。
生徒の年齢も幅広く、15歳から70歳近くの人が通信制高校に通っていると言われているんですよ。
このような学校があるんですから、「高校中退した自分は専門的な勉強ができないんだ」なんて思う必要はないのです。
一度夢をあきらめていた方は、もう一度ここでチャレンジしてみましょう。


普通の高校よりも学費が安い

この学校のメリットには、専門的な勉強ができるだけではなく、学費が安いということもあげられます。
普通の高校は授業料だけで何十万円とかかってしまいますが、こちらは公立ならばなんと年間3万円程度で済んでしまうんです。
お金の面で高校中退になってしまった人も、通信制ならば大丈夫です。
とにかくまだ勉強したいことがある、高校を辞めてしまった自分でも資格をとりたいと思っている人は、こちらの学校の入学を考えておきましょう。

高校中退の前に通信高校を視野に入れよう

Filed under 高校中退 通信制高校

高校を辞める理由の中で最も多い理由は、授業がつまらない、生きたい高校に行けなかった、勉強についていけないなどといった理由。
その理由から「もういいや、高校中退しよう」と結論を出すのは良くないことなのです。
どうしてそう思うのかよく考えることが大事なので、まずそれについて自分でよく考えてみてはいかがでしょうか?
なぜ授業がつまらないと思うのか、どうしていきたい高校に行けなかったからといって別の高校を選んだのか、勉強についていけないのはなぜなのか。
その答えを出せずに高校中退するのは、嫌なことから逃げるのとまったく同じことなのです。
生きていくうえで嫌な事なんてたくさんありますし、その度に逃げていたら何も成長なんてしません。


高校中退の前に

もし、勉強したい、高校くらいちゃんと卒業したいと考えている方がいるのであれば、通信高校があります。
通信高校では、中学校の復習から始める場所が多いので、自分のつまずいていた分野から始めることだって可能なのです。
つまらなかった授業も少しずつ理解出来ることで楽しく感じますし、今まで発見できなかったことを発見することも出来ます。
高校中退をしてから通信高校に通う事を考えるのではなく、在籍している間に手続きを済ませた方が良いです。
単位もそのまま引き継ぐことが可能ですし、在籍年数もそのままカウントしてもらうことが出来ますから、一度高校を辞めてしまってからの手続きよりは非常にスムーズに行うことが出来ます。


サポート校から選ぶのもアリ!

通信の高校に通う際にはサポート校も重要になってくるのですが、サポート校から選ぶのもアリです。
近年では勉強以外に趣味について学べる場所も増えてきていますから、そちらから探して通信高校に通うのも良いです。
せっかくやり直すわけですから、楽しく学べる学校に通って知識や技術を身に付けていきたいですよね。
サポート校から探してみれば、自分のやりたいものを見つけることが出来るかもしれません。

高校中退するとあなたの人生は閉じる?

Filed under 高校中退 通信制高校

高校中退するともうその後未来は完全に閉ざされてしまう。そんなイメージを抱いている人が多いのではないでしょうか。
それは仕方のないこととも言えます。高校を出て大学を出て……そんな社会的に「良い」と言われている流れからは脱落してしまうのだからそれは仕方ありません。しかし本当にそうでしょうか。
たかだか高校。学校を一つ脱落してしまっただけで、もうその後の生活すべてがくるってしまう。そんなことがあるのでしょうか? 若いときの行動はその後の人生を確かに大きく左右するでしょう。それは確かです。ですが高校中退したからといって、その後何年も続く人生すべてがおじゃんになってしまうことはありません。
その後きちんと修正することができれば、問題なくその後の人生を謳歌することができます。少しそれてしまった。それならその後通信制高校に通うなどきちんと、今度は選択を誤らないように行動を起こしましょう。
高校中退、確かにあなたの経歴に傷がついたとは言えます。ですがそのことばかり気にしていてはいけません。その後まっすぐに歩き出すこと。下を、うしろを見ながら歩くのでなく、しっかり前を向いて、前に歩くということが大切です。


高校中退……周囲の目線

高校中退すると、その後通信制高校に通っているということが周りに広まってしまうと、そのことを噂されてその標的になってしまうことがあるかもしれません。
その、周囲からの目線。それを向けられたあなたは気になってしまうかもしれません。それだけで身動きが取れなくなってしまうかもしれない。
でもそれはいけません。他の人がどういおうと、あなたの行動が社会的にどうであろうと、それはそれ、これはこれであると自分の中で切り替えていくしかありません。
あなたの人生を生きるのはあなた。他の人は関係ありません。
あなたはあなたの目で前を向いて前進していくことが大切になります。年齢も社会的な地位も、お金も関係ありません。


あなたが考えるのは自分の頭

自分の頭で自分のための答えを出すのです。高校中退後通信制高校に通うのかどうするのか。自分の未来を考えるのは自分。他に惑わされてはいけません。
今自分がどこに立っているのか。どっちに進もうとしているのか。どの方向に進んでいて、その先には何があるのか。それをしっかり把握しておくことが大切です。そして把握したその情報。それに間違いの無いようにしなくはなりません。
人生は船旅と同じ。しっかりと現在位置を把握しておきましょう。

高校中退に未来はない?

Filed under 高校中退 通信制高校

質問投稿サイトなどで高校に関する質問を検索していただくとお分かりかと思いますが、高校を中退するとイメージが悪いのはなぜですか?とか未来は暗いですか?と言う質問が多く見られます。
やはり、学歴は関係ないと言っても高卒以上が普通だという扱いになってしまう為、高校中退はどうしても劣ると思われてしまいがちなのです。
未来が暗いとか明るいとか、そんなことは自分の行動次第で大きく変わってくるものなので断言することは非常に難しいです。
東京大学を卒業しているからといって必ずしも一流企業に就職できるとは限りませんし、中には何度も面接に落とされてしまって苦労している方だっているのです。
正直、学歴だけがすべてではないのですが学歴を気にしている企業もまた多いという事を知っておくと良いでしょう。


高校中退した理由について

もし、中退すれば諸汚職面接の際必ずその理由について聞かれることになります。
その際答えるのが面倒くさいとか、聞かれるたびに腹が立つようなのであれば高校中退はしない方が良いでしょう。
高卒認定試験に合格した、通信制高校を卒業した方であればその頑張りが評価されて採用につながる可能性も高いですが、何もしないままでいると努力していないと判断され採用されないと言うのが現実です。
通信制高校などには通っていないけれど、その分自分はこういう資格を多く取得しました、と言うのであればプラスに繋がります。
学校へ通いたくない方は、資格を取得してみてはどうでしょうか?


未来は自分で切り開くもの

高校を辞めてしまったからといって、未来が無くなってしまうという事はありません。
芸能人や現在会社の社長として頑張っている方の中にも、高校中退という方が多くいますから自分の行動次第で変わってくるのです。
どうせ暗いし未来も無いんだと投げやりに生きていればそう言う人生を送るしか出来ませんし、頑張ろうと思い色々な努力をしている方にはその結果が必ずついてきますから、まずは考え方を変えてみては?

通信制高校は高校中退者の頼もしい存在

Filed under 高校中退 通信制高校

学業不振などの理由により、毎年多くの中退者が出ており不登校の生徒が問題になることもあります。
もちろん、不登校になってしまうにはそれなりの理由があるわけで、好きで不登校になっているわけではないのです。
最近では教師の目が生徒に行き届いていないという事もありますから、なかなかその方の悩みに気がついてあげることが出来ていないのです。
誰にも話すことが出来ずに高校中退という選択肢を選ぶ方も増えていますが、皆が皆学校へもう行きたくないと言うわけではなく、中にはちゃんと勉強をやり直して学びたいという方や卒業をちゃんとしたいと考えている方もいるのです。
その方たちの為に増えているのが通信制高校で、こちらは全日制よりも学費が安くなっている部分が特徴なんです。


高校中退しても受け入れてくれる

学校を辞めてしまったからといって突き放すのではなく、もう一度一緒にやり直してみましょう!というリハビリのような場所が通信制です。
多くの通信制高校では、勉強を中学校の復習も兼ねて進めてくれるようになっていますから、分からなかった問題も丁寧に分かりやすく教えてもらうことが出来ます。
そのため、勉強に対しての苦手意識もなくすことができます。
大人数ではなく少人数授業ですので、色々質問しやすいですし落ち着いて学べる環境となっています。
また、個別指導しているところも多いので、ご自分のペースで学習を進めていくことも可能となっているのです。


魅力を探して比較しよう!

高校中退してしまって通信制の高校を探す際には、まず自宅から近い場所の方がスクーリングの時に負担が少なく通学しやすいです。
色々な魅力を見つけ出して、いくつか候補をあげて比較してから決めるのも良いですね。
また、学費についてなのですが通信制高校の場合ですとサポート校へ同時入学するパターンもありますので、全日制よりも高くなってしまう事もあります。
ですから、学費についても細かくチェックしておきたいところ。

高校中退した後の行動が大事

Filed under 高校中退 通信制高校

高校を辞めるのは本人に自由ですのであまり口出しするべきではないのですが、その際には後の事もしっかり考えましょう。
勉強についていけないから、人間関係につかれてしまったからという理由で高校中退している方が増えてきています。
確かに何かにつまずいてしまうとやる気を失ってしまい、嫌になりどうでもよくなってしまいます。
しかし、問題は高校中退した後の行動なのです。
もう一度勉強をして高校卒業資格を得たいと考え、通信制高校へ通っている方も多くなっていますし中学校を卒業してそのまま通信制へ進学している生徒も多くいるのです。


高校中退のままにしてはいけない?

中退してしまい、その後もそのままにしてしまっていると就職の際大きなハンデとなることが多いです。
例え家庭的な事情で高校中退したにしても、その後通信制高校へ通うとか高卒認定試験を受けなかったのかなど、その後の行動で面接に落とされてしまうケースも現実に増えてきています。
自分で稼ぎながら通信制高校へ通い、卒業資格を取得したという方はその頑張りが評価されて採用される確率も高いのです。
一番ダメなのは、高校中退して何も行動せずただ無駄に時間を過ごしてしまう事です。
今は奨学金制度もありますし、分割払いも出来るようになっていますので、出来れば何かしら行動を起こした方が良いでしょう。


資格取得するのも良い

高校を辞めてしまっていても、それを補うように資格を取得するのも良いと言われています。
漢字検定や英語検定、そのほかにも様々な資格がありますから少しずつ取得していけば、就職の際プラスになります。
通信制高校へ通うとか高卒認定試験を受けるのも良い方法ですが、どうしても難しい場合は資格を多く取得しておかれると良いでしょう。
資格を取得するにもお金がかかりますが、学費よりは安くおさえることが出来ますから、お財布にも優しいです。

高校中退ってそんなに悪いですか?

Filed under 高校中退 通信制高校

現在では多くの方が高校に通っていますが、中には勉強についていくことが出来ない、人間関係がうまくいかないからとい理由で中退されてしまっている方、または高校中退を考えている方もいるかもしれません。
高校を中退してしまう事はそんなに悪い事ですか?という質問を見かけることがありますが、良い悪いという問題ではないのです。
学校に通って卒業するから良くて、それが出来ないことが悪いと言う考え方は少し違います。
人によっては学校へ通わずやりたいことを目指すために頑張っている方だっているのですから、必ずしも高校中退が悪い事だとは言えません。


なぜ高校中退は悪いイメージがあるの?

よくマイナスの事ばかり言われたり思われることがありますが、こればかりは仕方がないのかもしれません。
ご家庭の事情などで高校を中退しなければならなくなってしまった方もいますし、ご病気がキッカケでそうせざるを得なかった方もいるでしょう。
それぞれ事情があって辞めてしまっていると思いますが、現在では通信制高校があります。
こちらは自宅学習できるコースもありますし、通学するスタイルの通信制もありますから、ご自分のスタイルに合わせて通学できるようになっている部分が特徴なのです。
週に一回通学する学校もありますし、月何回と決められている場所もありますので、そこはご自分が通いやすいものを選択すると良いです。


悪くはないけれど・・・

学校を辞めてしまう事は決して悪い事ではありませんが、それがハンデとなってしまう事があります。
例えば、高校を卒業していないから就職できる選択肢が限られてしまうとか、面接の際それが原因で落とされてしまう事も。
まだまだ学歴社会ですから、高校中退してしまいそのままにしてしまうと、なかなか仕事にありつけないと言うのが現実なのです。
近年では学歴不問の場所も出て来てはいますが、まだ学歴を気にする場所が多いので高卒以上となっている場所の場合は、通信制高校へ通うと言うのも一つの方法です。