高校中退した後の行動が大事

Filed under 高校中退 通信制高校

高校を辞めるのは本人に自由ですのであまり口出しするべきではないのですが、その際には後の事もしっかり考えましょう。
勉強についていけないから、人間関係につかれてしまったからという理由で高校中退している方が増えてきています。
確かに何かにつまずいてしまうとやる気を失ってしまい、嫌になりどうでもよくなってしまいます。
しかし、問題は高校中退した後の行動なのです。
もう一度勉強をして高校卒業資格を得たいと考え、通信制高校へ通っている方も多くなっていますし中学校を卒業してそのまま通信制へ進学している生徒も多くいるのです。


高校中退のままにしてはいけない?

中退してしまい、その後もそのままにしてしまっていると就職の際大きなハンデとなることが多いです。
例え家庭的な事情で高校中退したにしても、その後通信制高校へ通うとか高卒認定試験を受けなかったのかなど、その後の行動で面接に落とされてしまうケースも現実に増えてきています。
自分で稼ぎながら通信制高校へ通い、卒業資格を取得したという方はその頑張りが評価されて採用される確率も高いのです。
一番ダメなのは、高校中退して何も行動せずただ無駄に時間を過ごしてしまう事です。
今は奨学金制度もありますし、分割払いも出来るようになっていますので、出来れば何かしら行動を起こした方が良いでしょう。


資格取得するのも良い

高校を辞めてしまっていても、それを補うように資格を取得するのも良いと言われています。
漢字検定や英語検定、そのほかにも様々な資格がありますから少しずつ取得していけば、就職の際プラスになります。
通信制高校へ通うとか高卒認定試験を受けるのも良い方法ですが、どうしても難しい場合は資格を多く取得しておかれると良いでしょう。
資格を取得するにもお金がかかりますが、学費よりは安くおさえることが出来ますから、お財布にも優しいです。

Comments are closed.